Lupin's off line

2006年3月18日〔土〕■後編■ 場所:東京・秋葉原
 
 
 
 
話題はサイトの話に。
 
 
コルトは一番最初にカキコしたのが熊子さん宅。
 
ネットマナーサイトを幾つも梯子して何度も読み返し、1週間悩み、
 
震える手でカキコした想い出を語る。
 
 
 
 
5.酔っ払い達の凶宴〔ネット編〕
 
 
 
 
 
 
いきなり3つに細胞分裂してしまったコルトのサイト。
 
 
「やむにやまれず、3つに分類しちゃっただけなんです;」
 
 
これ本音。
 
 
「最初女性向メインだったのが、どんどん変わってきちゃってやむなく・・・;;」
 
 
「だったら最初から健全入れずに女性向だけでやればよかったのでは」
 
 
という質問にコルトは頭を振る。
 
 
 
 
 
 
「私、健全でもすごい語り癖があって。
 
最初は二つも運営する方法なんて知らなかったし、それで両方一緒にやるしかなかったのね。
 
今までは2ちゃんで発散してたんだけど」
 
 
 
 
 
「え。あそこは便所の落書でしょう!」
 
 
 
 
 
「たまにいいテーマのスレッドもあるんだけど、大体途中でアラシが来て嫌になるんです。
 
それで、自分で何でも言える場所を持とうと思ったの。
 
でもサイト持ちたくても持てない人や、持たない主義の人もいるでしょ。
 
大抵のサイトさんはそういう語りを嫌がることが多いし。
 
うちでは私と違う考えでも遠慮せず話していいよ、ってしてるのはそういう訳なの」
 
 
 
 
 
他にも色んな体験談が出る。
 
 
 
 
 
「私、ル中さんのオエビ好きなんだけど、変な出会い系書き込みがあるのがすごく嫌。
 
ああいうのが来るようになって投稿減ったみたいですよね」
 
 
 
 
「今はまだマシな方。以前は同一人物の成り済まし投稿とか酷かった。
 
老舗で規模も大きなサイトさんには、色んな人が出入りするのね」
 
 
 
 
なおぞうさん宅は入室パスワード制だけど、挨拶が出来ない人はお断りにしてたそうだ。
 
ところが、あまりに挨拶がない人が多すぎた。
 
それで、やむなく違うやり方に変えたんですって。
 
つまり「パスワード下さい」の用件だけでなく
 
一言でもいいから見本に置いてある作品感想も書いて欲しいと。
 
でも中にはどう書いていいか、書き方を知らない人もいるかもしれない。
 
 
 
 
「毒吐きネット・マナーでも貼ったら」
 
 
 
 
とコルトが提案する。別にそのサイトを推奨してる訳じゃないけど。
 
 
 
 
「でも、あれって管理人の立場からしか物をみてないからどうかと思える部分もありますね」
 
 
 
 
こーじろさんがいう。
 
 
 
 
 
「うん。でも一応知ってて損することは書いてない。一般に通用する部分も多いし」
 
 
でも、貼らないとなおぞうさんはいう。
 
 
 
 
 
「アタシ、喧嘩売られるとワクワクするの。
 
きゃあ、きましたね。よし来い。やってやるぅってvv」
 
 
 
 
 
・・・・小悪魔クラリスちゃんてば。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに私が、生理的にどうしても気持ち悪くて駄目なのは
 
「偉大なる○○様」
 
と、不気味に平伏した様な言動示す一方で、自分より未熟な二次創作作家や
 
自分よりパソスキルやサイト歴短い(ない)人には、自分が上の立場であるという勝手な思い込みで、上から目線という言動。
 
自分もネット初心者でサイト持ってなかった頃、訪問先で管理人さんにそういう扱いをされて、
 
すごく不快だったから、以来、自分はやるまいと決めた。
 
趣味仲間に尊敬心やファン心はあっても、
 
 
 
「上下関係」
 
 
 
はないと、私は思う。
 
ご本人はその方を崇めてるだけのつもりかもしれないけど、
 
それって結果的に、それ以外の周りにいる人を、その人より低く扱ってるのと同じになる。
 
何の権限もないのに、周りの人達に、勝手に自分の主観で上下ランクのラベル貼って、
 
扱いの差に組み込むのは失礼だと思う。だから反対なの。
 
趣味の場で、相手から一方的に主観で階級分けされる筋合いは誰にもない、と思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
腹も膨れて次はカラオケ。
 
熊子さんが皆にご自分の本を配る。
 
そして私には同人に使った生原稿も。ありがとうございます(感激)
 
 
 
 
 
 
6.カラオケ店にて〔待合室編〕
 
 
 
アキバには「秋葉原パセラ」という面白いカラオケ店がある
 
クーポンも使える
 
 
 
 
 
 
と、熊子さんがというので其処に行くことに。
 
結局、地方から来られた熊子さんが一番アキバを知ってるじゃん。
 
私10年以上東京に住んでて何やってたんだろ?;
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、地図が判りにくく道に迷う。
 
その地図にはビルの名前しか書いてなかったからだ。
 
アキバのような場所では、店が出来たり潰れたりを短期間に繰り返してるので、看板や店の名では地図に書けないのだろう。
 
 
 
なおぞうさんが「あそこで道きいたら」というので、その先を見ると
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「カラオケ館」(おい)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喧嘩売ってるのかと云われるよ?;
 
 
「大丈夫。アタシは聞く役じゃないからvv」
 
 
・・・・・小悪魔クラリスちゃんデヴゥー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それにしても、全然それらしき看板が見えない。
 
ネットに出してる位だからおかしいとこではないはずだが・・・
 
と歩いてるうちこーじろさんが「あった!」と指をさす。
 
 
 
 
 
 
その向こうには。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道の通りの隅っこに、昔の床屋の回転灯みたいのがぐるぐる回ってた。
 
 
 
 
少し斜めってる。
 
 
 
 
古ぼけてて倒れそう。こ、これが、その店の広告塔?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おそるおそる看板のナビに沿って近づくと。
 
昭和の路地裏みたいな狭い通りに、場末のスナックみたいな看板が出てる。
 
 
 
 
 
「本当にここ?;」
 
「でも、看板にはパセラって書いてある」
 
 
 
 
 
赤いちょうちんが並んでゆらゆら揺れている。
 
ペンキで描かれたけばけばしいレトロな看板。
 
カラオケ店というより、どうみても横丁の焼き鳥屋かラーメン屋台。
 
 
 
 
 
 
気分はすっかり
 
 
「千と千尋の神隠し」。
 
しかし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「カラオケ曲数は日本一!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と物凄い自信の宣伝文句が。
 
更に目の前のショーケースには、バカでかい食パンにデザートクリームを乗せた不思議な食品見本。
 
 
 
益々どんな店だか判らない。しかし、中を覗くと客は多そうだ。
 
風呂屋の番台みたいなフロントにひしめきあってる客達。
 
 
「とりあえず入ってみますか」
 
 
とおそるおそる入ると・・・。
 
 
「うわあ、懐かしい!」
 
 
こーじろさんが声をあげた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
店一杯に並びまくった
 
 
 
 
歴代のファミコン、ゲームソフト
 
アニメや特撮物のミニチュア
 
 
 
などなど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「これ、持ってた!」
 
「うおう、こんな昔のもある!」
 
「これは○○で、これは■■じゃないですか、お、△△もある!」
 
 
 
 
 
 
 
 
みんな盛り上がってるなあ。
 
ゲーム禁止の家庭で育った私にはチンプンカンプン。話に入っていけない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仕方なく隣の水槽で泳いでる鯰に目を移す。
 
 
 
 
鯰と目が合った。
 
 
 
 
鯰って結構可愛い顔してるな。ウーパー・ルーパーみたい。
 
じっとながめてたら、なおぞうさんも鯰を見てた。
 
 
 
 
 
 
 
 
「お魚って可愛いと思いません?」
 
 
と、なおぞうさんが、クラリスな微笑で申される。
 
 
「うん。でもアタシ達さっきお魚食べてきたんですよね・・・・」
 
 
ふと思い出していうと
 
 
 
 
 
「はい。美味しかったですv」
 
 
 
 
 
・・・・・なおぞうさんって。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会話しつつ下を見た私は発見。
 
 
 
 
 
「ルパンのガシャポンがある!」
 
 
 
 
 
わらわらと皆が集まった。
ガシャポンの写真には
 
 
 
 
真ん中に旧ル第3話の不二子。
 
右に藤波吟子。左に旧ル3話のリンダ。
 
上にクラリスと小山田マキ。
 
 
 
 
ルパンズ・ヒロインの機種といったとこかな。
 
どのヒロインが一番好みかで盛り上がる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ああ、旧ルの不二子はやっぱり可愛いなあ」
 
 
「ファッションセンスがいいですよね」
 
 
「私は藤波吟子が一番好き。黒髪のストレートって好みだから」
 
 
「どうする。やってみますか。200円だって」
 
 
「アタシは不二子以外いらない」
 
 
「でも吟子は不二子の変装ですよ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なおぞうさんが回す。
 
 
「ち。クラリスだった」
 
 
・・・・ごめん。私ずっと心の中であなたの事をクラリスと呼んでました;
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
熊子さんは不二子狙い。出てきたのはリンダ。
 
 
「・・・・リンダかあ・・・」
 
 
少し残念そうな感じ。
 
 
「石川さんはリンダ好きみたいですよ」
 
 
「え。そうなんですか」
 
 
自分の好きな人同士も、いつかご紹介して仲良くなれたらいいなと、そこで妄想膨らませる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふと気が付くと、なおぞうさんはカプセルからクラリスを取り出し、バラバラになっている手足をもてあそんでいた。
 
・・・シュールな光景。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「お部屋、空きましたよ」
 
 
店の人の案内に我にかえる。先導に尾いて階段を上がる。
 
高く、急な木の階段。昔の学校の階段みたい。
 
雰囲気を大事にしてるせいかエレベーターがない。4.5階まで足であがる。
 
途中でその階ごとの様子を見ると、まるで銭湯かお座敷みたいな部屋がみえる。
 
案内された部屋の戸を開ける。
 
 
 
 
 
 
 
 
いよいよカラオケタイム。
 
 
 
 
 
 
 
 
7.カラオケ店にて〔歌と同人本編〕
 
 
 
 
 
こーじろさんが
 
 
「ここに来たからには入れねばどうする」
 
 
とずらり並んだルパンカラオケを片っ端からチョイスしはじめる。
 
パラパラと選曲本をめくるその手が止まった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「銭形マーチがある!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
感動のどよめきがおこる。
 
珍しい。噂にはよく聞くが、どんな歌詞なんだ。是非見たい。
 
やがて見つめる先の画面に現れた文字。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「銭形マーチ」
 
 
作曲:大野雄二
 
歌:三波春夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
画面に、多分に銭形役と思える俳優さんが登場。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とたんに全員爆笑。
 
 
 
薄暗いバーのカウンターに座り、ロック・グラスを傾けながら酒をあおる、銭形役の俳優さん。
 
中年男の丸めた背中。眉間の皺。
 
小刻みに肩が震えてる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やけ酒。
 
 
 
 
 
 
 
いかにも悔しそうにカウンターにうつぶせる。
 
切なげなメロディが被さる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『祖先は銭形平次。心の誇り・・・』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
判ってる、判ってるって、とっつあん!
 
ルパンを追って頑張ってくれたまい!応援してっから。
 
この悲哀、演歌としても充分通用するよ。
 
 
 
 
歌詞はさすがに紹介出来ないので、この先観たい方は
 
「アキバ・パセラ」
 
にれっつらごーー♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
悲しむとっつあんを前に、こーじろさんが次々とルパン曲を入れてゆく。
 
その間、メニューを開き、皆でデザートを注文する。
 
 
 
 
 
コルトは「例のブツを」と鞄から本を取り出す。
 
皆の目が心なしか光った気がした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カラオケ店という密閉空間を選んだのは、何も歌だけが目的ではない。
 
「可愛いルパンの本」
 
これを人目を気にせず読みまくれるからだ。
 
いや何。
 
ちょっとルパンが公式より可愛く描かれすぎてるので
 
慣れてない人には好き嫌い分かれるだけの話ですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・ほんとよ(何故に念押し)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
可愛いだけじゃなく、笑える本、パロディ本、カッコいい本、お洒落な本、
 
多種揃えてきました(^−^)
 
 
 
 
 
熊子さんは3頭身に描かれたメルヘンギャグのルパン絵がお気に召されたよう。
 
男性の描いた可愛いルパン本もありますよと勧める。
 
カリ城好きこーじろさんには、カリ城パロディ本を。
 
なおぞうさんは「ゲゲゲの鬼太郎」タッチのルパン漫画が可愛いという。
 
 
 
 
 
 
 
全員、夢中。本に没頭。
 
 
 
 
 
 
 
ドアの向こうに注文されたデザートを持った人影が映った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トントン。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さっ。
 
 
 
 
 
 
 
ドアが開く直前、テーブルの下に本を隠す4人。
 
 
 
授業中の中学生か!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
店員が消えると、再び本を読み出す。
 
コルトは既に全部読んでるので、こーじろさんの入れてくれたルパン曲をアカペラで歌いまくる。
 
 
 
 
 
ルパン三世のテーマ
 
ルパン三世その1、その2
 
ルパン三世パート・スリー
 
スーパー・ヒーロー
 
フェアリー・ナイト
 
セラヴィといわないで
 
炎のたからもの
 
 
 
 
 
 
ここで画面がカリ城そのものになる。
 
 
「カリ城だあああーーーー!!」
 
 
こーじろさん歓声。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次元とルパンの滅茶苦茶早い走り。
 
フィアットが画面上を猛スピードで走り抜ける。うねり、舞踊る札束。
 
久しぶりに観たが、美術・動きの何と贅沢なこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「クラリスよりルパンの方が可愛いと思ってしまう私(笑)」
 
 
「だけど、ルパンがおじさまと言われるのはちょっと」
 
 
「クラリスにとってはおじさんかも」
 
 
「カリ城ルパンは30代の設定ですよ。30代はまだおじさんじゃないですよ」
 
 
「30代にしては性格老けてますよね。これが50代ならまだ判るけど」
 
 
「でもカリ城はいい!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本を読んでた熊子さんが突如、大受け。ギャグパロディ本。
 
怪獣○ッシーが、ルパンを放射能で汚染し、
 
ルパンが諸星大二郎漫画タッチの化け物になっちゃうという話。
 
 
 
 
 
 
「○ッシーって、脚本の○○さんの事?」
 
 
「らしいですね」
 
 
 
 
 
 
 
「脚本家って
 
『え、こんな素晴らしい物書いてた人が、今どうしてこうなっちゃったの』
 
っていうのがありますね。同一人物が書いたとは信じられないくらいのが」
 
 
 
 
 
 
「人にはピークってものがあるんじゃないですかね。
 
例えばモンキーさんにしたって、新作のルパンは途中から、つまらなくなっていきましたから」
 
 
 
 
 
 
「ええ。でもドラマ脚本家の■■さんなどは、途中で駄作だって叩かれても、
 
次にはまた面白いの出してきたりもするから判らないもんです」
 
 
 
 
 
「叩かれても、なにくそ、面白い物つくってやるって人にはまだ希望が持てると思うんですよ。
 
でも、今の公式は内容悪くても視聴率とれてますもんね」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カラオケ画面がテレスペの曲に変わる。
 
途端に歌えなくなったコルト。CD持ってないから全然判らない;
 
 
 
 
 
こーじろさんは
 
「これ、結構いい曲なんですよ」
 
と歌ってる。確かに私も聞いた事ある。いい曲だと思ったことは覚えてる。
 
ただ、どの曲がどの作品のなのか思い出せない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やがてルパンの曲が尽きて、適当に入り始める音楽。
 
更に判らなくなるコルト。
 
絵柄からしてどうやら80年代のアニメが続いてるようだが・・・。
 
 
 
 
 
 
 
今度はなおぞうさんが画面のアニメ観ながら歓喜。
 
 
「あ、嬉しい。これ入れてくれたんですね!」
 
 
懐かしそうにいう。
 
そうか、なおぞうさんにとって80年代アニメは昔なのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コルトにとって80年代アニメは結構「最近」の範疇です。こないだ
 
 
「自分にとって一番新しいアニメはエヴァンゲリオンだ」
 
 
と言ったら芝居仲間にコケられました;
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今度は画面がウルトラマン・シリーズに。
 
こーじろさんが解説をはじめる。
 
 
「このウルトラマン○○は・・・・・」
 
 
すんごい濃い話だ。ドラマ・脚本・俳優・東映。
 
そういったコアな話が次々と繰り出される。
 
コルトはこれまた全く判らず、チンプンカンプン。
 
 
 
 
 
こーじろさんに協力お願いされてるんだけど、こんなんで、こーじろさんの脚本読んで
 
役者の立場から感想いうなんて、やっちゃっていーもんだろうか。
 
ウルトラマンというと自分にとってはセブンが最高峰だったなあ。
 
何げに今日は自分がトシヨリだというのを如実に感じる日だぞ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて熊子さんが本を見せてくれたお礼にリク絵を描きましょうと言ってきた。
 
ヒャアーーー!で、ではお言葉に甘えて、可愛いルパンと、仲良し次元ちゃんを。
 
ということで、バイクを運転する次元と、後ろ座席にニコニコ笑顔で乗ってるルパンちゃんを描いて頂きました。
 
 
ベリ・プリチーvv
 
 
熊子さんはそらでバイク描けるから尊敬します(^_^)
 
 
 
 
 
 
 
yusinさんのルパン絵とコルトの色鉛筆画デッサンも数枚御覧頂けました。
 
コルトも本当は皆さんの似顔絵を描こうと思ってたんですが
 
熊子さんの絵のあまりの見事さにとても、言い出せなくなってしまいましたのです。
 
 
 
 
 
カラオケ時間が終わる。部屋を出る前に
 
 
 
 
 
「可愛いルパン本」
 
の忘れ物がないか、入念にチェック(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドアの外に出ると、さっきは後ろ向きで気づかなかったが、
 
真正面の壁に「ルパン対複製人間」の宣伝ポスターが貼ってあった。
 
 
 
カリ城とマモー。
 
ルパンがキラキラ輝いてた作品の二連発に、かつてのルパンの黄金期を思い出す。
 
 
 
階段を下りると、今度はファーストシリーズのジグソーパズル。
 
サーチライトに照らされ走る、美しい名画とも呼べるシーン。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は子供の頃、ルパンに「懐かしい」なんて言葉は永延に似合わないとずっと思ってた。
 
ルパンは時代と共に変化し続け、常に現在進行形でいられるものだと信じていた。
 
 
 
 
 
 
 
しかし「過去」を彩るこの店に飾られた「かつてのルパン達」は
 
しっくりそこに馴染んで、まるで時を止められているかのよう。
 
それが妙に幸せそうにも見えるのは何故だろう。
 
「ルパン」の世界自体は決して時代遅れの物、懐かしい物ではない、と思う。
 
ルパンは今も私の中では現在進行形でい続けている。
 
ただ今は、「ルパンが失ってしまったもの」を懐かしく感じてる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
外へ出て駅へ向かうころにはもう夜10時。
 
ところでここで気づいたんですが記念写真とってないような・・・・?
 
ルパンの話に夢中で、すっかり忘れてたわ。
 
最後に、この「カラオケ店秋葉原パセラ」とはどういう感じの店か、貼っておきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カラオケ店パセラ秋葉原店
 
 
 
 
 
 
 
 
 
追伸:
 
このレポートはコルトが「酔っ払った時の記憶」を基に書かれてること
をどうぞお忘れなく願います。
半分ネタにされたような皆様、まことにすみませんでした<(_ _)>
 
適当な部分もうざい語りもC調乗りも酔っ払いの戯言ですので、大目にみてやって下さい(^^;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
追伸その2:
 
なおぞうさんから、その後クラリスは幸せに暮してるとスナップ写真が届きました。
・・・一体君はどこにいるんだねクラリス(笑)
 
御覧になりたい方は下からどうぞ。
 
その後のクラリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
追伸その3:
 
熊子さんからリンダと一緒にお花見に行った時の写真も届きました。
「第三の太陽」の貴重な写真も頂いています。
お花見リンダと第三の太陽

inserted by FC2 system